HOME>アーカイブ>タイミングよく売買をすると失敗が少なくなる

取引をするタイミングを見極める

家の模型とお金

自己所有の不動産を売却する際に気を付けるべきこととしては、売るタイミングをしっかりと見極めることが重要であることが挙げられます。高い利益を生み出すことが出来る収益物件は、上手に売却することが出来れば、相場よりも高値で買い取ってもらうことが出来るでしょう。まずは、自己所有の収益物件の売買相場を把握しておくことが重要であり、相場を知らないと知らない間に損失を被ってしまうことがあります。売り急いでしまうと相場よりも低い価格で成約してしまうことが多いので、売り出し期間には余裕を持っておくことも重要な要素となります。不動産市場価格は景気や経済的な状況によって変動するので、不動産価格が上昇しているタイミングを狙うようにすることも大切になるでしょう。

契約書を精査してリスクの備える

初心者が自己所有の収益物件を売却することを検討している場合、まずは不動産に関しての基礎的な知識を身に着けておくことが重要となります。また、収益物件を売却した場合、売主としての責任が発生することになるので、契約を締結する段階で契約書に盛り込むべき項目などを精査することが大切です。不動産の売買契約成立後に様々な瑕疵が発生した際のリスクの負担などについても、事前に相手方と協議を重ねておくことが必要となるでしょう。

相手に対して情報をきちんと提供

投資用に所有していた収益物件を売却する場合、買い手となる新しいオーナーも自分と同様に収益物件を投資用に購入している場合が多いので、相手が困らない要因配慮することがマナーです。自分が持っている設計図面の情報や設備機器の取り扱い説明書類、その他の許認可関係の書類などもきちんと相手に引き渡してあげると良いです。物件の不具合の履歴や過去の修繕履歴や修理工事の明細書などの情報なども相手に提供するとすごく親切でしょう。

広告募集中